2007年04月03日

スーパーリーグ戦 審判申し合わせ事項

モータースポーツ チームの監督者は選手整列時にベンチ前に並び、審判員は確認すること。

 モータースポーツ ベンチ入場者以外の者がベンチに入っていたら、速やかに出るよう指示する。

 モータースポーツ 試合開始時間は、プレイボールの時とする。

 モータースポーツ 投球練習は、1イニング目は7球以内、2イニング
目からは、4球以内とし、試合のスピードアップに努めること。

 モータースポーツ 攻守交代は、駆け足でするよう選手に指示する事。(審判員も同様である。)

 モータースポーツ 明らかなミスジャッジの時は、審判団で協議の上確認をし、素直に訂正する。

 モータースポーツ ルール解釈のミスは審判団で協議をし、ルールブックで確認をとること。不明の時は、正・副審判長、又は本部責任者に相談する、なお、この間のロスタイムは試合時間に含まない事とする。
 
 モータースポーツ ボールデッド地域の設定は本部責任者と正・副審判長の立会いで決定する事。
(イ)投球がボールデッド地域に入った時は、エンタイトルワンベースとする。
(ロ)送球がボールデッド地域に入った時は、エンタイトルツーベースとする。
(ハ)打球が(ファウルフライ)がボールデッド地域に打たれた
時は、危険防止の為早めにファウルのコールをする。

 モータースポーツ ボーク(注意とする、攻撃側に不利が在った場合は原状に戻す。)

 モータースポーツ 審判員の服装。審判服に準じる。
 

 

  
posted by 事務局 at 23:17| 第一回大会ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする